数量限定【やきそば弁当 塩バター風味】

北海道のカップ焼きそばといえば「やきそば弁当」といわれていますが、私はそれほど買った記憶がありません。

 

しかしこれ

f:id:kurae-omiz:20180609132821j:plain

バターっていわれちゃうと食べてみたくなっちゃうもんですね。

 

しかも「数量限定」「記念商品」と売れるフレーズてんこもり。

売る気まんまんだし美味しいんじゃないかって思いますよそりゃ。

 

さっそく作ってみましょうね。

f:id:kurae-omiz:20180609133110j:plain

 

まぁ中身は大差ないわね。

やきそば弁当は湯きりのお湯でスープを作るのが最大の特徴ですね。

実はね、前にスープを飲んだ時好みじゃなくて、それ以来飲んでなかったの。

 

でさ、お湯入れてから気がついたけど、これ熱湯1分でできあがるの。速いよね~。

f:id:kurae-omiz:20180609134046j:plain

あっちゅーまよ。

 

これはなかなか美味しかった~。

飽きずに食べられたし、コンソメスープもよく合ってたよ。

食べ慣れてる人は気がつくのかもしれないけど、スープをコーヒーカップで作ったら最後めっちゃ濃かったわ。

 

また買うかもしれないけど、結局「ごつ盛り」買いがち。

北海道限定【ベビースターRICH贅沢濃厚北海道チーズ味】

北海道のお土産って種類も多いし、新しいのがどんどん発売されていきますよね。

たまにお土産売り場に行くと、色々見たことがないものがあって楽しいんですよ。

 

今回気になったのはコレ

f:id:kurae-omiz:20180603171646j:plain

 

ベビースターラーメンアイスが話題のベビースターの北海道限定贅沢濃厚北海道チーズ味

 

北海道といえばチーズという王道の選択。そして間違いないやつ。結局ね、お土産とかにするなら味見しないで買うから外さないやつがいいんですよ。

 

f:id:kurae-omiz:20180603172433j:plain

 

小袋が6袋入ってます。

味はね、チーズ。濃いチーズだよ。

濃厚って書いてるもんね。

 

全国にベビースターの限定品ってあるんだけど、意外と買ったことがないかも。

これからどこかに行ったら買ってみようかな。

とかいってお土産選んでる時は何故か候補に入らないんだな~。

また改良!【定山渓 花もみじ】

またしても定山渓の花もみじに行ってきました。

 

ここでも何度も紹介していますがとにかく気に入ってるんです。

それでもちょっと気になることっていうのがあってね。

それがバスの混み具合。

 

札幌から無料送迎バスが出ていて、それを利用していることが多いのだけど、これがめちゃくちゃ混んでるのね。

花もみじは鹿の湯と系列で、2つの宿のお客さんを1台のバスに乗せてたもんだから満席も満席で、補助席も全部出してる状態。

こども連れてるとそこがやっぱり気になってたのね。

 

それが今回、なんとバスが2台になってた!

 

行きは早く着いてた人だけ乗せて早めに出発して、帰りは宿別でバスが分かれてたよ。最高!もう言うことなしだよ。

 

f:id:kurae-omiz:20180523154453j:plain

 

さて今回のお部屋は

f:id:kurae-omiz:20180523154546j:plain

家に帰ってきたかのような安心感。落ち着く。

 

ごはんの前にまず貸切温泉

f:id:kurae-omiz:20180523154642j:plain

f:id:kurae-omiz:20180523154723j:plain

 

こちらもいつも通り天の湯

 

ごはんはこんな感じ

f:id:kurae-omiz:20180523154815j:plain

全部写せない量だけど美味しかったよ。

 

こどもごはんは

f:id:kurae-omiz:20180523154901j:plain

キッズプレート用意してますってこれ・・・だけじゃない

f:id:kurae-omiz:20180523154954j:plain

奥の赤いフタのはハンバーグ。うどん、ごはんもついてくる。

すごい量。これだけあれば好き嫌いある子でもどれか食べられるでしょ。

 

そしてバスの他に変わったところはもう一つ。

冷蔵庫の中身。

f:id:kurae-omiz:20180523155143j:plain

今まで冷蔵庫のなかに飲み物とか色々入ってたけど、全くなくなってた。

確かに正直いらなかった。

みんな冷蔵庫の中の高いやつなんて飲まないで買ってくるもんね。

水とウーロン茶は入ってるからそれで十分だし。売店と自販機あるしね。

とても良い。

 

あと、私みたいに裸足でいたくない人におすすめなのが足袋を持っていくこと。

f:id:kurae-omiz:20180523160050j:plain

花もみじは館内移動が雪駄なので、普通の靴下だと歩きにくいの。

だから5本指ソックスとか足袋がおすすめ。

足袋が置いてある旅館もあるけど、花もみじは(今のところ)置いてないから持っていくと快適です。

 

何度も行ってるけど、都度色々変わっているところが努力してるって感じがしてとても好きです。

f:id:kurae-omiz:20180523160642j:plain

 

f:id:kurae-omiz:20180523160657j:plain

 

今年はあと何回行くかな。

誰なんだお前は!

野菜のパッケージって知らないキャラクター色々いるよね。

 

今回気になったのはJA宮崎のミニトマトで見つけた謎キャラクター

f:id:kurae-omiz:20180430180701j:image

一体誰なの?

 

 

 

f:id:kurae-omiz:20180501120052j:plain

 

この子は「はぴす」というらしい。

 

f:id:kurae-omiz:20180501121533j:plain

着ぐるみも可愛いじゃない!

 

しかもはぴすは走れるらしく、マラソン大会で10キロを完走

f:id:kurae-omiz:20180501121055j:plain

え!!足足!

黄色いスニーカー履いちゃってんじゃん。

 

f:id:kurae-omiz:20180501121645j:plain

こっちも足よ~。

何だよその靴!

もう人感丸出しだよ。

 

さぁもうこれが誰か覚えたよね。

もしこのパッケージの野菜を見かけたら、みんなにはぴすだって教えてあげようね。

 

 

洞爺湖から遠回りで帰る道中ハンサムな食べ物に出会ったり。

色々残念だった洞爺湖宿泊から帰る道中色々寄り道をしていきました。

 

まず昭和新山

f:id:kurae-omiz:20180409091133j:plain

中々圧巻だったな~。

ロープウェー乗ろうかって乗り場まで行ってみたけど1600円かかるからやめた笑

それはちと高けぇ。

 

次に向かったのは伊達の道の駅

f:id:kurae-omiz:20180409091627j:plain

ハンサム食堂のハンサム焼

伊達=ハンサムって理解するまでにちょっと時間かかった。

はじめて伊達の道の駅に行ったけど、野菜めちゃくちゃ売っててテンション上がって買いまくったった。最高!

 

そして室蘭まで来たから

f:id:kurae-omiz:20180409092157j:plain

地球岬

昔、元カレと行ったっけなぁ。

 

f:id:kurae-omiz:20180409092407j:plain

 

f:id:kurae-omiz:20180409092437j:plain

 

相変わらず凄い風だったよ。

そういえば以前、地球岬じゃなくてチキウ岬だよって教えられらんだけど

アイヌ語で「断崖」を意味する「チケプ」に由来します。「チケプ」から「チキウ」、そして「地球岬」となりました。

こういうことだったんだね。

地球岬になってんじゃん。

 

今回の自分お土産はあまり買う機会がなかったからこれだけ。

f:id:kurae-omiz:20180409092857j:plain

わかさいもー!形が可愛いってだけで買ったよ。

 

これしかないけど、伊達と恵庭の道の駅で野菜をしこたま買い込んだから超満足。

全体が惜しいぞ洞爺湖

旅館にチェックインして夕食まで時間があったので湖沿いを散歩。

f:id:kurae-omiz:20180406100456j:plain

 

 

オブジェとかフォトスポットとかいくつかあるんだけど、もうね、色々惜しい!

 

まずね、洞爺湖といえば中島なんだけど、写真撮るとなったらやっぱり洞爺湖ってわかる看板と島をいれたいわけですよ。

f:id:kurae-omiz:20180406151334j:plain

 何か真ん中にいる。

 

f:id:kurae-omiz:20180406152348j:plain

わかる!大事なことなのはわかる!

でも場所がさ。ちょっとずらせば写真に写らないじゃん。

よりによって看板と島の間になっちゃうじゃん。

 

あとこれ

f:id:kurae-omiz:20180406152708j:plain

 いい感じのフレームなんだけど、島は入らない。

うまい具合に遊覧船が来てるけど小さいし。

人が入って撮るんだろうけど、それにしても島が入ったほうが良いじゃん。

 

島を入れようとすると

f:id:kurae-omiz:20180406153146j:plain

斜めだな。

せっかくオシャレなフレームなのに惜しい。

 

 

あと、よく分からないやつ。

f:id:kurae-omiz:20180406153251j:plain

 ただ怖い。

 

何もかもが惜しい!【ゆとりろ洞爺湖】

もう4月。

最近妄想では旅に出ていないけど現実では行ってきたよ。

 

今回は洞爺湖

雲がかかって悪の要塞みたいになったウィンザーホテルを横目に今回のお宿ゆとりろ洞爺湖へ。

 

f:id:kurae-omiz:20180406081429j:plain

 

入口いい感じなのよね。17年10月にリブランドオープンして名前も変わったらしいよ。

 

f:id:kurae-omiz:20180406152042j:plain

手湯もあるよ。

 

f:id:kurae-omiz:20180406081757j:plain

入口に貸し出しの自転車。

フロントは階段のぼって2階なんだけど、その階段に敷いてる絨毯みたいなのがボロボロなところですでに嫌な予感がするよね。

 

チェックインを済ませてお部屋に入るとこんな感じ。

f:id:kurae-omiz:20180406082238j:plain

 

f:id:kurae-omiz:20180406082319j:plain

悪くないよね。

青い座布団がシミだらけなのは目をつぶろう。

 

温泉の定番といえば温泉饅頭だよね。

しかしこの宿は

f:id:kurae-omiz:20180406082400j:plain

くっきー。

 

あるある!たまにね、自家製のとか、地元の食材を使ったとか、有名なお菓子屋さんのとか、売店で売ってます、みたいなね。

でも、なんにも書かれてないただのクッキー。

たしかにね、子どもは喜んでたし、美味しいからいいけどね。

純粋に、何で?

 

あと、フロントでこれもろた。

f:id:kurae-omiz:20180406082857j:plain

女性だけアメニティ。

子ども用のアメニティくれるところは多いけど、子どもの一切無しで女性用って結構珍しいかも。

ホテルとかは女性用アメニティくれるところは多いけどね。

 

ちなみに子どもが遊べるプレイルームみたいなのが2階の隅っこにあったり、ごはん会場とお風呂には子ども椅子があるけど、アメニティは一切なしだよ。

 

部屋にね、本が置いてあったんだけど↓

f:id:kurae-omiz:20180406083232j:plain

本のチョイス!

誰用なの?笑

全然意味がわかんない。

 

外人のお客さんが多いから英語書いてあれば何でもいいと思ったの?

日本人も外国人もここで英語の勉強はしない!

 

もうすでにツッコミどころ満載。

 

夕飯は会場で。

f:id:kurae-omiz:20180406083739j:plain

パッと見、うん?と思ったけど、美味しいよ。

 

でも、何かが惜しいんだよ。

お皿の統一感のなさでしょ、見た目のバランスかな。

わからんが何かが残念。

美味しいし、量も十分。

 

でも途中でお吸い物がやってきて

「最後に味噌汁とデザートがあります」って言ったんだよね。

 

え!今お吸い物が来たのに次味噌汁くんの?

 

f:id:kurae-omiz:20180406084353j:plain

すぐ来た笑

矢継ぎ早に汁物きたって冷めるしお腹ちゃぽちゃぽなるわ!

どっちかでいい!

 

夕飯はそこそこ美味しかったけど、朝ごはんは美味しくなかった。

ご飯はパサパサだし、普通、とかじゃなくて美味しくなかった。

久々に美味しくないもの食べた。

料理も全然ないのに補充もされないし、食べられるものがなかったよ。

 

もうね、だんだんこの旅館はどこをどう直したらいいのか考え始める大人二人。

 

全てに関して惜しい。

大ハズレではないけど、決して当たりではない感じ。

 

部屋のタオル干すやつがね、長さが全然足りないのよ。

バスタオルかけたら床につくの。

タオルかけを長めなのにするか、バスタオルを短めにするかさ。

お風呂にバスタオル置いてないからさ、何回か入ろうと思ったら絶対干さないといけないわけだからさ。

 

なんか、そういうとこだよ!って思った。

ここの至らなさが集約されてるなって。

 

施設が古いのは仕方ないんだけど、リブランドオープンしました!ってするならもうちょっと綺麗にした方が良い。

 

ただお風呂は良かったよ。

内湯と露天が一つずつしかないけどお湯は良い。

登別みたいにがっつりな感じじゃないけど、じんわりずっと温かかった。

よく眠れたよ。

 

でもね、リピートはなし。

1人6~8000円くらいだったら良いかもだけど、1万超えてこれだったら他にもっと良いとこある。

定山渓の価格に慣れているからかもしれないけど、価格と質のバランスが悪い。

以上!

次は街も惜しい洞爺湖の話。